ヒメアノール

ヒメアノール

出演:森田剛

濱田岳

ムロツヨシ

佐津川愛美

ストーリー

「なにも起こらない日々」に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働く岡田(濱田岳)。同僚の安藤(ムロツヨシ)に、想いを寄せるユカ(佐津川愛美)との恋のキューピット役を頼まれ、ユカが働くカフェに向かうと、そこで高校時代の同級生・森田正一(森田剛)と出会う。

ユカから、森田にストーキングされていると知らされた岡田は、高校時代、過酷ないじめを受けていた森田に対して、不穏な気持ちを抱くが・・・。岡田とユカ、そして友人の安藤らの恋や性に悩む平凡な日常。ユカをつけ狙い、次々と殺人を重ねるサイコキラー森田正一の絶望。今、2つの物語が危険に交錯する。

(ヒメアノール公式より)

 

とにかくV6の森田剛さんがえぐい。

感情、ストーカー行為、殺気、やり方がまさにサイコキラー。

殺人を重ねるたびにもういっちゃってる感じ。

血は飛び散る、何度も刺すといった殺人シーンは何度も目をふさぎました。

 

そんな森田(役名も森田)が殺人を犯している間、

毎日何もない自分に不安を感じている岡田(濱田岳)、同僚の安藤さん(ムロツヨシ)、

それぞれの日常を描かれていて、

今自分もこうやって日々過ごしている中で、

見終わった後の残像というか、

ニュースで報道されてるように、殺人事件が起こっている現実と重なって、

すごくこわかったです。

 

だけど映画の前半は、

濱田岳さんの頼りないあの雰囲気がすごく役にはまっていたし、

ムロさんが演じる同僚が、妙にオタクが入っているし、

変人というか、ちょっと変わった役が凄い上手なので、

笑っちゃうシーンもありました。

 

思わず噴き出したシーンは、

無断欠勤したあと、出社したときの安藤さんの髪形。

普通、こんな風にしないし、そんな考え方しないよって。

 

でも、ちょっとした笑いもここまで。

それからサイコキラー森田の行動が、

どんどんエスカレートしていくのでホント怖い映画でした。