猿の惑星:新世紀・ライジング

猿の惑星 新世紀

 

2014年公開

 

 

この猿の惑星新世紀ライジングは、

2011年公開された「猿の惑星・創世紀」の続編です。

 

人間によって成長させられた猿が、

言葉を話せるようになり、

やがて人間の世界を滅ぼし、

猿に支配される。

 

最初の「猿の惑星シリーズ」を見てる世代としては、

表情、しぐさ、行動、瞳、顔や手のシワ、毛、

猿のすべてが完璧に表現されている。

 

映像に吸い込まれるように、見入ってしまいました。

 

猿の惑星創世紀では、

アルツハイマー病の治療薬のために研究されていた猿を助け、

人間と仲良く共存していたが、

シーザーの人間への信頼が崩れ、

人間と戦い、山へ姿を消してしまった。

 

今回の新世紀では、

1人の感染者から始まった猿インフルエンザにより、

人類は数を減らしていった。

シーザーたちは、仲間とともに、

静かに暮らしていたが、

人間と遭遇し、そこからまた新たなな絆と戦いが待っていた。