神様はバリにいる~気分爽快になる映画~

「神様はバリにいる」

2015年公開

 

 

一言でいえば、

元気の出る映画です。

 

落ち込んだ時、何もやる気が出ない。

そんな時に見たら、

前向きに、「よっしゃ~」って気合が入ると思います。

 

実際、気合を頂き、前向きな気持ちになれた私。

 

出演は、堤真一さん、

尾野真千子さんと玉木宏さん、

あとナオト・インティライミさん。

ナオトさん、演技がカチカチでしたけど、

いい味出してましたよ~(笑)

 

個人的に堤さんが大好きで、

結構ドラマや映画見てきてるんですけど、

シリアスな役より、

3枚目っぽい明るい役をされる堤さんが好きですね。

 

ストーリーは、

婚活事業で失敗し、借金を抱えた祥子(尾野真千子)が、

訪れたバリ島で、日本人の大富豪アニキ(堤真一)と出会う。

 

怪しい雰囲気をもつアニキだが、

バリ島の現地の人たちには人気者で信頼されている。

そんなアニキのもとで、祥子はやり直すために、

はちゃめちゃに見えることもある中で、人生を学んでいく、

コメディ映画です。

 

「出稼げば大富豪」の著書が原案で、

実際に実在するアニキがいるわけなのです(笑)

それを映画化した「神様はバリにいる」。

 

多分、軽くまとめてしまうと、

人を豊かにするために・・・とか、

幸せになるために・・・といったことを、

アニキ流に捉えたものなんですね。

 

アニキ語録というのがあって、

「失敗したときこそ笑え」

「信頼は金では買えん」

「幸せを循環させるんや」

「一度できた縁は絶対に大事にするんや」

などなど、

他にもたくさん公式サイトに載ってます。

 

少し哲学的なことが入ってるんですが、

全然難しく考えなくても、

何も考えず見れるし、ダジャレもしょうーもないけど、

クスって笑えるところもあります。

神様はバリにいる2

バリ島の風景、人間性、風土も、

なぜか今まで感じてきたバリ島のイメージ、

神を信仰する姿は素晴らしいですし、

その人柄は大好きなんですけど、

神秘的で独特の雰囲気を持ってるものというか、

ふとした瞬間に感じる、言葉では表せないものが、

ビシビシと私に伝わってくるので、

少しバリ島が苦手でした。

 

でも、今回、この映画を見て、

明るさやほんとアニキ語録じゃないですけど、

「爽やかさ」がすごく感じられて、

違ったバリ島を見ることができましたね。

 

これも「アニキ」パワーなんでしょうか(笑)

 

哲学という大きなジャンルの中では、

人は感じ方、考え方、捉え方が違う生き物だから、

 

変わらないって思う人もいれば、

「なるほど」って意識し、行動に移すことで、

自分が変わった、幸せになった、

たくさんの人と出会えた、って人もいるわけです。

 

でもでも、そんな深く考える必要はありません。

 

かっこいい堤真一さんを見てください。

関西弁聞いてください。

 

尾野真千子さんの素晴らしい演技を見てください。

 

クールな玉木宏さんも、存在感あります。

映画初出演のガチガチのナオトさん、見てください。

 

かわいい笑顔の素敵なバリの子供たち、

バリの路地裏、広いキレイなビーチ、庶民的なお店。

 

「神様はバリにいる」

見終わった後、どこかしら笑えて、

元気になってると思います♪

おススメ映画です!

 

2015年1月公開映画 邦画

監督:李闘士男

出演

堤真一

尾野真千子

ナオト・インティライミ

菜々緒

玉木宏